カナダ格安留学サポーター・メインメニュー

 カナダの基本情報 ~生活編~

カナダの基本情報(生活編)

ここでは、カナダでの留学生活に役立つ情報をお伝えします。電源、電圧、喫煙、飲酒についてや滞在方法、チップ、電話事情やパソコン、インターネット環境など、カナダで生活する上で最低限知っておきたいマナーやルールなどをご紹介します。

  カナダの電源・電圧

カナダの電圧はアメリカと同様で、110-120V(ボルト)です。 スマートフォンや携帯電話、タブレットPCやノートパソコン、デジタルカメラ、i-Podに代表されるポータブル音楽プレーヤーなど、日本の電化製品の多くは変圧器なしでもそのまま使うこ とができます。それらの製品の電源アダプターのところに、「120-240V」などの表記が通常ありますので、この範囲におさまっている限り、特に問題はありません。 ただし、型の古い製品やドライヤーなどの一部では対応していないケースがあり、それらを使用すると故障や発火の原因となりますので、くれぐれも注意してください。 また、コンセントプラグの差し込みの形状は3つ穴になっていますが、通常通り2つ穴の方に差し込めばそのまま利用可能です。

 カナダの喫煙事情

smoke free enviroment

カナダは喫煙に対してとても厳しい国です。
日本でも喫煙に対してはかなり厳しくなりつつありますが、カナダのそれと比べると日本は喫煙家に対してまだまだ甘いと言えます。カナダ国内のほとんどのレストラン内では禁煙で「屋根がある公共施設の建物内はまず吸ってはいけない」と思った方がいいです。
バンクーバーやビクトリアのあるブリティッシュ・コロンビア州などでは、レストランやカフェ、パブ、クラブ、ショッピングセンターや職場、屋外でもバスの待合所なども禁煙エリアになっています。
また、さらに厳しいことに、屋外であってもレストランなどの入り口から6メートル以内の喫煙すら法律で禁止されていて、これに違反すると最高2,000ドルの罰金が科せられます。さらに、カナダではたばこの値段が相当高く、1パック(1箱)あたり8~13ドル前後(日本円にして約700~1,200円!)もするため、カナダ留学を機にたばこをやめる方が多い印象です。

 カナダの飲酒事情

pubs and bars

カナダで飲酒が可能な年齢は、バンクーバーやビクトリアのあるブリティッシュ・コロンビア州やトロントのあるオンタリオ州で19歳からとなっていて、バンフやジャスパー、カルガリーがあるアルバータ州、モントリオールのあるケベック州、それからマニトバ州、プリンスエドワードアイランド州は18歳からとなっています。カナダは喫煙だけでなく飲酒に対しても厳しく、一部の州を除き、州のライセンスを取得したリカーストアでアルコール類を買うことができますが、日本のようにコンビニエンスストアやスーパー、自動販売機などでお酒を買うことができません。また、日本人は実年齢よりも若く見られる傾向にあり、お酒を購入するときに身分証明書(ID)の提示を求められることはよくあります。バーやパブ、クラブでも身分証明書の提示を求められることがあります。また、カナダでは屋外での飲酒行為も法律で禁じられていますので夏のビーチで「冷たいビールを一杯!」というわけにはいきません。

 カナダのチップ事情

tips
カナダではアメリカと同様に、タクシーやレストランなどのお店でのサービス対価として、チップ(心付け)を渡す習慣があります。  このチップという習慣は日本人にとって馴染みもなく、結構戸惑う習慣の一つだと思います。このチップという習慣ですが、カナダではレストランでサービス料が料金に含まれていないため、サービスの対価という意味で、レストランでは合計金額の約10~15%程度、パブやバーなどでは、お酒1杯あたり1ドル程度、タクシーでは、運賃の約15%程度が相場と言われています。
ところが、レストランの中にはサービス料が最初から含まれているところもありますので、レシートをよく確認しておきましょう。また、クレジットカードで支払うときなどに「Gratuity」とレシートに書かれている場合があり、その横にブランクがあれば、そこにチップ分の金額を記入すれば、クレジットカード決済時にチップ込の合計金額が引き落とされることになります。

カナダでの滞在パターン

 ホームステイ

カナダに到着後まず最初はホームステイ滞在をすることを推奨します。
到着して早々に滞在先を確保するのも困難というのもありますが、何よりホームステイをすることのメリットは、カナダの一般家庭に入り、家族の一員としてカナダ人の生活や暮らしぶりを体験できることや日常会話を文字通り日常的に繰り返し行える環境が整っていることです。


homestay in canada
英会話力の向上はもちろんのこと、カナダの文化や習慣などを肌で感じ覚えることができ、日本に興味のあるホストファミリーも少なくないので、日本のことを相手に知ってもらう文化交流の意味合いもとても強いのです。
カナダの一般家庭は日本の家屋と比べてもかなり広く、庭付きの一戸建て住宅が大半ですし、ツインルームなどがないホームステイ先だとまず自分の専用部屋が与えられます。食事も朝食と夕食はもちろんのこと、ランチ付きの場合も多いですから、ホームステイ期間中はほとんど食費を使わなくて済みます。
滞在費も、食事付きで1カ月あたり700~800ドル前後というのが相場なので、55,000~65,000円くらいで1月の生活費をまかなえます。
 
ホームステイ先のアレンジについては、どこの語学学校もアコモデーション(宿泊先)を手配してくれます。よく「ホームステイに当たり外れがあるって聞くんですが・・・。」という方がいますが、ホームステイ先の当たり外れは少なからずどこでアレンジしようが起こり得ることだし、ホストも留学生もお互い文化の異なる国の人間ですから、ちょっとした言葉の行き違いなどで不満がでることも人間ですからあると思います。要するに「郷に入っては郷に従え。」という言葉にあるように、まずは自らが積極的に発言、行動し、ホストファミリーとの心の距離を縮めることを意識しさえすれば、ほぼ、どんなホストファミリーともうまくやっていけるはずです。

 アパートメント(コンドミニアム)シェア / シェアハウス

アパートメントというと、日本人がイメージするハイツや文化住宅のような安アパートを思い浮かべがちですが、カナダでは日本でいうマンションのことをアパートメントと呼びます。カナダのアパートメントは、日本のマンションとほぼ同じように5~15階建てくらいの比較的背の高いアパートメントビルディングが多いです。コンドミニアムやレジデンスという言い方もします。


shared room
気になる家賃についてですが、バンクーバーやトロントなどの都心部のダウンタウン周辺の便利な場所にあるアパートメントを借りるとなると、1カ月あたりの家賃は、バチェラータイプ(日本でいう1Kや1DK)で約700~1,000ドル、1ベッドルームタイプ(日本でいう1DKや1LDK)タイプで約1,000ドル~1,600ドル、2ベッドルーム(日本でいう2DKや2LDK)タイプで約1,500~2,000ドルといったところです。
都市部にアクセスがよい便利な場所で独りで住むとなると家賃で10~12万円は必要になってきますから、多くの留学生やワーキングホリデーメーカーはアパートメントシェア、シェアハウスでの滞在という形を取っています。
シェアという形を取れば、家賃は折半できますし、光熱費や通信費、場合によっては食費なども折半することも可能です。
 
また、シェアする相手をシェアメイトと呼びますが、シェアメイトがその部屋の借主であった場合は、とりあえず部屋代として家賃だけを払えばあとはタダでいいという人もいますし、シェアメイトがカナダ人やその他の国籍だった場合は、日常会話も英語になりますので、英語学習面でもメリットは大きいです。逆に、日本人同士でシェアしてしまうと、どうしても日本語で話してしまいますので、せっかく留学しているのに日本と変わらない生活を送ってしまうことになりかねません。
アパートメントを最初から新規で借りるとなると面倒な手続きが多々ありますので、通常は、街の掲示板スペース、フリーペーパーや新聞、インターネットなどのクラシファイドのセクションで「シェアメイト募集」や「アパートのテイクオーバー(引継)募集」といった内容を探し、それぞれに記載されている連絡先にコンタクトを取り、実際に部屋などを見せてもらって、条件が折り合えば交渉成立、契約といった流れになります。
あとは、部屋にないもので必要なもの(ベッド、机、テレビなど)があれば、インターネットやフリーペーパーなどのクラシファイドセクションにある「Buy and Sell(売ります買います)」の欄をチェックしましょう。新品を買うまでもなく、ほとんどのものが中古で安く買い揃えられます。

 カナダの電話事情

固定電話


カナダでの国内電話は通常、市内通話(Local Call)と市外への長距離通話(Long Distance Call)の2種類に分けられます。ホームステイ先やアパートなどで固定電話がある場合、ほとんどの地域で市内通話は無料で掛け放題となります。また、公衆電話(Pay Phone)から掛ける場合は、50セントコインを投入すれば、あとは時間無制限で利用できます。
 

携帯電話(スマートフォン/ガラケー)


カナダの携帯電話
カナダでは今や携帯電話(スマホ)は当然ながら普及していて、様々な携帯会社やプランがあり料金も日本よりも安くつくことが多いですが、正直、日本ほど携帯電話端末はバラエティーに富んでおらず、メール機能なども限定されている印象ですが、i-PhoneやGalaxyなどのスマートフォンユーザーが増えてるため、スマホ用の通信プランも今では当たり前となっています。

日本で利用している携帯電話の場合、海外ローミングサービス対応機種でもかなり通話料が高いため、日本でお持ちの携帯電話/スマートフォンは解約するか番号休止サービスなどを利用して、中長期の滞在の方は絶対に現地で携帯電話、もしくは、スマートフォンをゲットすることをおすすめします。今時の 通信事情は日進月歩、どんどんと変わりますので、カナダに到着したらまず、携帯電話販売代理店(例:Phone Boxなど)で説明を聞いてみられるとよいかと思います。 都市部では日本語が通じる代理店もありますので、ご希望であればご紹介させていただきます。
最近になってようやく、日本でもSIMフリータイプのスマートフォンが販売されるようになりました。そのため、SIMフリーのスマホを持っていれば、そのスマホをカナダに持参して、カナダの通信会社のSIMカードに差し換えることで、ほぼ日本と同様の通信環境のもと、スマホ利用が可能となるため、SIMフリータイプのスマホを持つというのも一考です。
また、現地で学校に通う場合は、学校の通学初日にクラスメイトにどのパターンを利用するのが最もよいのか聞いてみるというのが手っ取り早い方法だと思います。
 

国際電話


カナダから日本に国際電話を掛けたいときは、コンビニエンスストアや売店などで売っている国際フォンカード(Phone Card)を購入することをおすすめします。
このフォンカード、自宅の固定電話や公衆電話、携帯電話を利用して掛けることができるのですが、メリットは日本の国際通話サービスを提供している通信会社のサービスを利用するよりも遥かに通話料が安いことです。
通常、フォンカードの種類は、5ドル、10ドル、20ドルの3種類あり、いろいろな会社から発売されていますが、5ドルのフォンカードでも日本に2~3時間は掛けられるものが大半です。購入する際のポイントですが、「No Connection Fee」と記載されてあるものを選びましょう。この記載のないカードの中には、通話ごとに接続料として1ドルチャージされるものもあるようです。通信環境が悪い場合などに備えて、このカードを1枚持っておけばとても便利だと思います。
 

IP電話(skype / LINE電話など)


カナダのスマホ
日本のご家族や友人とちょっと長めに話がしたいなら、スカイプ(skype)やLINE電話などがおすすめです。スカイプやライン電話は、双方にパソコンとヘッドセット(イヤホンとマイクがセットになったもの)とインターネット環境があればいつでも無料で話をすることができます。
ウェブカメラを付ければ相手の顔を見ながら会話ができ、ご両親もとても安心されるかと思います。ただでいつでも顔を見ながら話ができるという点で、スカイプやLINEなどが特におすすめの国際通話手段だと思います。

 カナダのインターネット環境

無線LAN(Wi-Fi / Wireless)接続


カナダのインターネット
カナダでもインターネット(Wi-Fi)環境は十分に普及しています。
特に、カフェやレストラン、学校などの公共施設などではフリーWi-Fi環境が整っていることが多く、ワイヤレス対応のノートパソコンやスマホがあれば、比較的街中の様々な場所(スタバなどのカフェ、マクドナルドなどのファーストフード店、語学学校、図書館などはほぼ無料!)で無料でインターネットアクセスすることが可能です。
日本でも最近B5サイズよりも一回り小さくて軽いウルトラモバイルパソコンが5万円を切る値段で販売されていますし、i-Padなどのタブレット型PCなどを購入するのも一考です。さらに、i-Phoneなどのスマートフォンがあれば、いつでもどこでもWi-Fi接続でネットを楽しむことができます。無料のWi-Fiスポットさえあれば、ご家族や友人とのコンタクトもFacebookやLINE、スカイプなどを使えば、無料でメッセージ交換や通話も可能です。
また、SIMフリータイプのスマホやタブレットPCを持って行けば、カナダの現地ローカル通信会社の通信プラン(有料、別途通信契約などが必要)でいつでもどこでもネット接続が可能です。
 

家庭でのインターネット接続


カナダのインターネット事情(家の場合)
ホームステイ先やアパートメントなどでは、ケーブル会社の光回線が利用できます。ホームステイ先にすでにパソコンとインターネット環境があれば、インターネットアクセスを楽しむこともメールなどをすることもできますが、パソコン自体が日本語対応していない場合はメールを日本語で打つことができません。
また、最近は留学生を頻繁に受け入れるホストファミリーもWi-Fiを導入していることがほとんどで、Wi-Fi対応パソコンがあれば自室でもインターネットが使えます。(※ただし、家庭により通信容量制限がある場合がある)
ひとり暮らしやシェアを始めるときは、電話回線の契約と同様に通信回線の申込みをするとよいかと思います。プロバイダーは、電話会社のTelusやケーブル会社のRogersをはじめ、様々な業者があります。それぞれのプランなどを確認して申込み手続きをされるとよいかと思います。
携帯電話の会社選びもそうですが、インターネットプロバイダーを選ぶときもすでに現地に住んでいるクラスメイトなどに確認するとお得な情報が入ってくることが多いです。ご自身がシェアメイトとして部屋を借りる場合は、すでにWi-Fiが利用できる環境があることが大半なため、無料でインターネット接続ができることがほとんどです。
また、家にはネット環境は必要ないという方は、学校やインターネットカフェ、現地ローカルエージェントオフィスなどでパソコンを利用することができるので、よほどのネットヘビーユーザーでない限りは支障はないはずです。

カナダ留学専門カナダ格安留学サポーターhomeページへ戻るカナダ留学専門カナダ格安留学サポーターhomeページへ戻る
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターメインメニューへカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターメインメニューへ
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターサブメニューへカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターサブメニューへ
カナダ留学専門・カナダ格安留学サポーターへのお問合せはこちらからカナダ留学専門・カナダ格安留学サポーターへのお問合せはこちらから

カナダ留学・カナダ格安留学サポーター資料請求はこちらからカナダ留学・カナダ格安留学サポーター資料請求はこちらから
無料資料請求はこちらからどうぞ!
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターお見積り依頼はこちらからカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターお見積り依頼はこちらから
無料お見積り依頼はこちらからどうぞ!
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターカウンセリング予約はこちらからカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターカウンセリング予約はこちらから
無料カウンセリング予約はこちらからどうぞ!
カナダ格安留学サポーター・お問合せ電話番号
お電話お掛け間違いのないようご注意ください!
ご来店の際は、必ず事前予約をお願い致します。
カナダ格安留学サポーター・営業時間と定休日

12月の定休日:
12/3(日)、12/6(水)、12/10(日)
12/13(水)、12/17(日)、12/20(水)
12/23(祝)、24日(日)
年末年始:12/29(金)~1/3(水)

カナダ格安留学サポーター(サポートマート)ロケーション