カナダ格安留学サポーター・メインメニュー

HOME > メインメニュー > 主な宿泊タイプについて

 カナダの主な宿泊タイプ

カナダの主な宿泊タイプについて

ここでは、カナダ留学プランで一般的な次の3タイプの宿泊プランについてご紹介します。


 ホームステイ - Homestay

カナダでの宿泊タイプのファーストチョイスとしては、やはりホームステイが最もおすすめです。特に、初めての海外留学や短期留学などの場合には最適なステイ方法で、シングルルームが与えられ、食事も毎食ついていることが大半なため、英語学習にも専念できます。


カナダのホームステイ
カナダ で1~2カ月程度の滞在プランであれば、ホームステイ滞在をされる方が圧倒的に多く、春休みや夏休みの短期留学の方はもとより、カナダ滞在期間が3カ月を超えるような中長期の語学留学やワーキングホリデーの方も、カナダ入国後最初の1~2カ月間を過ごす宿泊タイプとして最もスムーズで快適な生活が送れる方法がこのホームステイと言えます。
カナダの主要都市には昔から世界各国からの留学生が多いため、ホストファミリーとして留学生を長年受け入れているファミリーがとても多く、学生寮やシェアハウス、ホテル滞在などと比較しても受け入れファミリー登録数が多い分、時期や期間を問わずにアレンジすることができる利点があります。
ホームステイ滞在には次に挙げるようなメリットとデメリットがあります。

ホームステイ滞在のメリット:

  • ホームステイ先では日常生活で必要な英会話を交わす機会が多いため、短期間で英語コミュニケーション力の向上が期待できる!

  • カナダの一般家庭での生活を通して文化や生活習慣、マナー等を知ることができる!

  • 通常、シングルルーム(自室)があるためプライバシーも守られる!

  • 食事(朝、昼、夕食)が提供されるので、宿泊費用も最もリーズナブルになることが多い!

  • 渡航前にホームステイ先の情報がわかるため、ご本人はもとより日本のご家族も安心!


ホームステイ滞在のデメリット:

  • やはり人の家庭に居候するという点で多かれ少なかれ気を使う!

  • ホームステイ先の多くは住宅街にあるため、学校までの通学時間が掛かる!(バスなどで30分~50分圏内)

  • 生活に慣れるにつれて、ルームシェアや一人暮らしをする傾向にあるため、3カ月くらいまでが相場!


このように、多くのメリットもあれば少なからずデメリットもありますが、総合的には最も優れたステイ方法ということになりますので、留学期間やプランにより、序盤はホームステイ、以降はシェアハウスやルームシェアでの滞在など、ご希望に応じてフレキシブルな宿泊プランのご提案をさせていただいています。

■カナダ格安留学サポーター・各都市のホームステイ手配料と宿泊費(2017年度料金):

ホームステイ手配料 (各都市共通)

250 カナダドル

バンクーバー:シングルルーム(3食付・28泊プラン)

820 カナダドル

ビクトリア:シングルルーム(3食付・28泊プラン)

820 カナダドル

トロント:シングルルーム(3食付・28泊プラン)

820 カナダドル

モントリオール:シングルルーム(2食付・28泊プラン)

820 カナダドル

 学生ハウス/レジデンス - Student House/Residence

カナダでの宿泊タイプの選択肢として、学生ハウスやレジデンスと呼ばれる寮タイプの宿泊施設などもありますが、通学する予定の学校がこれらの宿泊施設を保有しているか、宿泊先との契約がある場合のみこの滞在タイプを選ぶことができます。

カナダの学生ハウス
学生ハウスやレジデンスなどへの滞在を希望される方がよくおられますが、カナダの語学学校でこれらの宿泊施設を学校独自で保有しているケースは稀です。
語学学校の料金表などをみても「学生寮やレジデンスなどの手配ができる。」とうたっている語学学校はごく一部の学校に限られるため、「何が何でもホームステイ滞在を避けたい!」という方でない限りは、カナダの語学留学プランで学生ハウスやレジデンス滞在のできる学校はかなり限定的なため、ホームステイ滞在を第一におすすめします。
 
どうしても、学生ハウスやレジデンスなどの宿泊タイプでないとダメという方は、まず最初に学生ハウスやレジデンスなどの宿泊施設を所有する学校を選ぶことから始める必要があります。 そのため「最初から通う学校を限定しないといけない点」、「夏休み期間にあたる夏季のピークシーズン(7、8月)は混雑傾向にあるためかなり早い段階(半年前など)で満室になることがある点」なども考慮する必要があるため、かなり早い時期からプランを決めないといけないケースがほとんどです。
学生ハウス/レジデンス滞在には次に挙げるようなメリットとデメリット があります。


学生ハウス/レジデンス滞在のメリット:

  • ホームステイとは違い、気を使う場面が少ない!

  • 食事が付かないため、自分で好きなものを食べることができる!

  • 他国の留学生とも交流の機会がある!


学生ハウス・レジデンス滞在のデメリット:

  • 学生用の寮タイプの宿泊施設を保有or契約している学校が限定されるため、まず最初に通学する学校を決める必要がある!

  •  

  • 夏場などのピークシーズンだと早い段階で満室になるため、かなり早い段階での申込みが必要!(早いところだと5~6カ月前にすでに満室になることも!)

  •  

  • 二人部屋や4人部屋などの場合、プライバシーが一切ない!

  •  

  • 食事付きでないため、自炊するか外食しないといけない!

  • 宿泊料金が意外に高いことが多い!

  • 最初にデポジット(保証金)を預け入れる必要がある!


このように、カナダでの語学留学に関して言えば、寮滞在プランについてはメリットよりもデメリットと言える要素が多いのも事実です。どうしても寮滞在を経験したいという方は、まずは学生寮を持つ学校を選定し、その上で料金や部屋の空き状況などを確認した後に手配を依頼するというプロセスを前提に寮滞在をすべきか否かの検討をされるとよいでしょう。
以下、学生ハウス/レジデンスタイプの宿泊施設手配ができる主な学校です。


■学生ハウス/レジデンスタイプの宿泊施設手配が可能な語学学校:

下記に挙げる学校の寮タイプの宿泊施設は、主に『学生ハウス(Student House)』と呼ばれていて、比較的リーズナブルな価格設定となっています。(4週間の平均的な滞在費用は、500~650カナダドル) 
これらの学生ハウスは「食事なしプラン」のため、共同キッチンなどは通常完備されていて、自炊する人がほとんどです。また、シングルルームの設定がある場合を除いては、部屋タイプはシェアタイプとなるため、二人一部屋が基本となります。
 
これらの学校以外の中にも、学生寮やドミトリー、レジデンスという名称で宿泊タイプがあるとうたっている学校がありますが、その多くはホテルタイプとなっていて、厳密には「寮施設」ではない上、宿泊費用も高額なところ(例:「"1週間"あたり」食事なしプランで500ドル以上など)がほとんどですから、1カ月間の宿泊費だけで15万円以上かかる計算になります。

International House (IH)
バンクーバー


IH VancouverIH Vancouver

IHバンクーバーには、「スチューデントハウス」というドミトリータイプの宿泊施設があります。バンクーバーの郊外に2カ所ありますが、部屋数に限りがあるため3カ月前には申込みをしないと満室になることが多いです。部屋タイプはシングルとシェアの2タイプが用意されています。

Inlingua
バンクーバー / ビクトリア


inlinguainlingua

Inlinguaバンクーバー/ビクトリアには「スチューデントハウス」というドミトリータイプの宿泊施設があります。部屋数に限りがあるため、遅くとも到着予定日の3カ月前までには申込みをしないと満室になることが多いです。部屋はシェアタイプのみとなります。

Oxford House College (OHC)
トロント/バンクーバー/カルガリー


OHCOHC

OHCには「スチューデントハウス」というドミトリータイプの宿泊施設があります。3都市で手配が可能ですが部屋数に限りがあるため、3カ月前くらいまでには申込みをしないと満室になることが多いです。部屋タイプはシングルとダブルがあります。(※ダブルは知人同士のみ可)

Quest
トロント


Quest TorontoQuest Toronto

Questには「学生レジデンス」というドミトリータイプの宿泊施設があります。トロントのみで手配が可能ですが、部屋数に限りがあるため、3カ月前くらいまでには申込みをしないと満室になることが多いです。部屋タイプはシェアタイプのみとなっています。

 シェアハウス/ルームシェア - Shared House/Apartment

カナダでは、シェアハウスやアパートメントでのルームシェアなどは一般的でとても人気のある滞在方法ですが、渡航前に手続きができない場合がほとんどのため、短期留学や中長期の場合でも、渡航後すぐの滞在方法としては不向きです。
シェアハウス、アパートメント
シェアハウスやルームシェアなどの滞在方法は、主に3カ月以上の中長期留学プランで渡航される方向けの宿泊方法で、渡航後すぐはホームステイを1~2カ月程度して、ホームステイ期間中にシェアハウスやルームメイト募集広告などをみて、住みたい部屋を探すというのが最も一般的です。
 
この流れですと、まずはホームステイをしながら住い探しができますし、当然ながら住む場所を直接見に行くことができます。 逆に、この見に行くということをしないで、シェア先を決めるようなことは金銭面やセキュリティ面でのリスクが伴うため絶対におすすめできません。 
「住む場所」「家賃」「条件」「シェアをする相手がどんな人物なのか」などをしっかりと見極めた上で、募集主との面談、交渉をした上で、条件が折り合えば住み始めるという流れが基本です。
シェアハウスやルームシェア滞在には次に挙げるようなメリットとデメリットがあります。

シェアハウス・ルームシェア滞在のメリット:

  • ホームステイとは違い、気を使う場面が少ない!

  • 食事は自炊が基本のため、自分で好きなものを食べることができる!

  • 安いところを見つけられた場合に滞在費用を節約できる!

  • ネイティブスピーカーとシェアする場合は、英語の勉強になる!


シェアハウス・ルームシェア滞在のデメリット:

  • シェアメイトとして滞在する場合、相手が信用できる人かどうかなどしっかりと見極める必要がある!

  • 条件などにこだわりがあればあるほど、見つけるのに時間がかかる!

  • 食事付きでないため、自炊するか外食しないといけない!

  • 光熱費やWi-Fi使用料金やケーブルテレビ代などがレント代に含まれるか否かなど、特に金銭面での細かい確認が必要!


このように、シェアハウスやルームシェアでの滞在に伴っては、多かれ少なかれ神経質に成らざる得ない要素があるため、シェアハウスやルームシェア等の滞在先を探す際には、できるだけ経験者に話しを聞くようにし、現地オフィスサポート付きプランで渡航された方であれば、現地在住歴の長いベテラン現地スタッフに住い探しのアドバイスをしっかりとしてもらうことが大切です。安易にステイ先を決めてしまって、後から大きなトラブルだけにはならないようにしたいものです。


カナダ留学専門カナダ格安留学サポーターhomeページへ戻るカナダ留学専門カナダ格安留学サポーターhomeページへ戻る
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターメインメニューへカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターメインメニューへ
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターサブメニューへカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターサブメニューへ
カナダ留学専門・カナダ格安留学サポーターへのお問合せはこちらからカナダ留学専門・カナダ格安留学サポーターへのお問合せはこちらから

カナダ留学・カナダ格安留学サポーター資料請求はこちらからカナダ留学・カナダ格安留学サポーター資料請求はこちらから
無料資料請求はこちらからどうぞ!
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターお見積り依頼はこちらからカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターお見積り依頼はこちらから
無料お見積り依頼はこちらからどうぞ!
カナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターカウンセリング予約はこちらからカナダ留学専門のカナダ格安留学サポーターカウンセリング予約はこちらから
無料カウンセリング予約はこちらからどうぞ!
カナダ格安留学サポーター・お問合せ電話番号
お電話お掛け間違いのないようご注意ください!
ご来店の際は、必ず事前予約をお願い致します。
カナダ格安留学サポーター・営業時間と定休日

10月の定休日:
10/4(水)、10/8(日)、10/9(祝)
10/15(日)、10/18(水)、10/22(日)
10/25(水)、10/29(日)

カナダ格安留学サポーター(サポートマート)ロケーション